日光御朱印の旅

オリジナル御朱印帳

日光オリジナル御朱印帳600部限定販売!

日光の名所や自然など、やわらかいイラストで
表現したオリジナル御朱印帳が新登場しました!

    • 横11.3cm × 縦16cm
    • 24折(両面48面)
    • アコーディオン折
  • ¥2,000(税抜)
販売店
日光郷土センター(日光支部)マップ
足尾案内所マップ
鬼怒川・川治温泉観光情報センター(鬼怒川・川治支部)マップ
道の駅日光観光情報館マップ
湯西川・川俣・奥鬼怒支部マップ

キャンペーン

本キャンペーンは終了しました

御朱印とは

御朱印とは

本来は写経をおさめた証として
お寺よりいただいた受付印が御朱印です。
現在では、写経をしなくても参拝をすれば
いただけるようになりました。
観光地の記念スタンプと同じように
とらえている方もいますが、
お守りやお札と同様に
ご神体やご本尊の分身と考え、
粗末に扱わないように
心がけましょう。

御朱印をいただく準備

御朱印帳を用意する
御朱印をもらうには御朱印帳が必要です。メモ帳やノートなどに御朱印をもらおうとする方がいますが、これは失礼にあたるので御朱印帳を用意しましょう。

名前を忘れずに書く
有名な社寺の寺務所・社務所には、多くの人が御朱印をいただきに訪れます。御朱印後の応対がスムーズになるように御朱印帳には名前を書いておきましょう。また住所、電話番号なども書いておくと、外出先で忘れた場合でも戻ってくる可能性が高くなります。

御朱印をいただこう

マナーを守って気持ちよく御朱印をいただきましょう

最初に参拝をする
御朱印は参拝をした証になるので、最初に参拝を終えてから御朱印をいただくのが基本的なマナーです。心をこめて参拝してから気持ちよく御朱印をいただきます。
小銭を用意しておく
御朱印代(神社では初穂料、お寺では納経料)の目安は300~500円です。高額紙幣での支払いは、お釣りを用意していただく手間がかかるので100円玉を多めに用意しておきましょう。
いただく際は静かに待つ
御朱印をいただいている際のおしゃべりや携帯電話での会話、メールなどは失礼にあたります。また、書いている方に話しかけてはいけません。おごそかな気持ちで静かに待ちます。
あいさつ、お礼を忘れずに
忙しいなか時間を割いて対応してくださることも多くあります。御朱印をいただく時には両手でいただき、「ありがとうございます」などのお礼を忘れずにお辞儀をしましょう。

お問い合わせ

(一社)日光市観光協会

〒321-1261 栃木県日光市今市717-1 TEL.0288-22-1525